「キメセク」は例えトレンドでも十分に注意が必要です!

「キメセク」という言葉を使っている人が日本国内ではかなり多くなっている

あなたも耳や目にしたことが多いと思いますが、ここ数ヶ月間の間、「キメセク」という言葉を使っている人が日本国内ではかなり多くなっているような気がしませんか? 「キメセク」とは、ズバリ覚醒剤をはじめとする大麻やコカイン、危険ドラッグなどの違法薬物を使用しながらセックスをすることを示す言葉なんです。
渋谷などの若者達の間では一般的なスラングとしてすでに広まっており、「キメセク」という言葉はテレビやネットなど、自然と様々なメディアなどでも見るようになりました。
しかし、「キメセク」という言葉はそもそも、一部のアウトローや反社会勢力、ジャンキー(薬物中毒者)の間で使われていた専門用語であって、そのような言葉が世間に広まってしまった原因は間違いなく、芸能人や有名人の影響だと言えるのではないでしょうか。
ご存知のように俳優の押尾学や酒井法子、そしてあの清原和博やASKAなどの超一流と呼ばれていた有名人や芸能人達の薬物逮捕事件と共に全国的に広まっていったのが事実なんです。
あなたの年齢によってはその時代のスーパースターも含まれていますよね。
そんな彼等が薬物に手を染めたことから、人生が一気に暗闇へと転落してしまったのですから、違法薬物の社会的な影響は計り知れません。

「キメセク」という言葉を使っている人が日本国内ではかなり多くなっている / 「キメセク」は、その使用する薬物などによってもかなり効果は変わる / テレフォンセックスを極めるべきだと皆様に言いたい!